ドーブツ型

珍獣図鑑

この前の週末、髪を切りに行ったのです。いつも行く美容室なのですが、そこは普通のファッション誌と一緒に写真集(髪の毛に関係ないヤツ)とか、絵本(でも親子連れが来るような店では決してない)とか、普通あまり美容室にない本が置かれているんですよ。で、この前カラーをやっているときに美容師さんが私のところへ持ってきたのは『流行通信』と『世界珍獣図鑑』。『流行通信』はイイよ。つーか普通だよ。けど『世界珍獣図鑑』てなに!!いえね、珍獣って言っても本当に見たことのないのばっかりってワケではなくて、動物園にいるから一見珍しくないみたいだけど、生態的にはこうでこうでこれだけ珍しい動物なのよ実は。っていう説明書きから始まって(←読んでる)いろんな動物の写真が。だってホントにハードカバーの図鑑だからソレ。おかしい…。その美容室で動物(型)が好きだとかいう話は一言たりともしたことがないはず…。そもそもペットも飼っていないのでそんな話にすらならない。何を見透かされているのでしょう。しかも「動物図鑑」じゃない「珍獣図鑑」だよ。なんでバレてるんだ?!(何が)

 私「珍獣図鑑?!」
 美容師さん「いや和むかなと思って」

 ↓カラーリング待ち

 美容師さん「どうです?珍獣図鑑」
 私「うん。おもしろい」

というわけで『流行通信』放置で『世界珍獣図鑑』を読みました。読破しきれなかったのでamazonで探してみたんですが(←欲しくなってる)在庫切れでした。予想以上にオモシロかったのです…。本屋さん見てみよう。
[PR]
by suminogram | 2005-01-24 11:27 | ★動物記[本]